MENU
社長コラム

格安航空peachが晴れなのに欠航になった(対処法)

先日取材で格安航空peachのチケットを往復で取りました。
できるだけ私の移動にかかる経費は安くしたほうが、お客様にとってもメリットがあるので(仕事の場合は負担していただくため)、時間がカツカツでなければpeachを選択しています。

行きは午前便だったので特に問題なく、ほぼ定刻でフライト。
そして問題の帰りの便…。

18:50分の便が機材繰りで欠航となり、peachからメールがきたのが14時ごろでした。
私はメールの通知をオンにしているのですぐ気づくことができましたが、気づかずに時間を過ごして空港に行ってしまったら…めっちゃ怖いです。


特に天候が悪いわけでもないのに、しかも早めの段階で欠航が決定されたことに驚きました。

私はたまたま後にも一便あることを知っていたので、20:55の便へ振替。
この振替にはお金がかかりませんでした。

peachで欠航となったとき

  • 特に何も保証はない(他社便を取ったら費用がかかるし、もちろんホテル代も出ない)
  • 自分でpeachの別便に振替手続きをして、その出発を待つ
  • 予約番号は振替便でも同じでOK(チェックイン時のQRコードは変わらない)

欠航のお知らせはメールで来るので、メールの通知はONに。
あと空港に行く前に、一応搭乗便がどうなっているか確認を。

peachは夕方以降、遅れやすい
これもいくつも乗っているとわかってくるのですが、機材繰りをギリギリでやっているので、夕方になればなるほど遅れが積み重なって遅延します。そのため、飛行機が飛んだとしても終バス、終電に間に合わないことも予想されます。そのときに移動に困らないように乗れなかった場合の想定もしておくと安心です。

私はpeachに乗るときはクルマで関空まで行きます。
また、空港ラウンジも使えるようにしています。
ギリギリ便は取らないようにしています。

これだけ大変な思いをしてpeachに乗る意味とは?と自分でも思いますが、私は関空までクルマで行きたいので、peachは駐車場の関係もあって楽なところがあるんですよね。

https://www.flypeach.com

のんびりした気持ちで乗ると吉です!

ABOUT ME
Crop万谷
Crop万谷
株式会社Cropの代表取締役、万谷絵美です。社内ではライター、ディレクター、プランナーを兼務しています。和歌山市出身、関西学院大学総合政策学部卒。
NEW POST

ブログの一覧を見る