社長ブログ

冊子(手引書等)をつくるときの制作の段取り

マニュアル、手引書、事例集など、さまざまな業種で業務内容をまとめた冊子や手引書は大切です。
仕事の理解を深めたり、新人さんの最初の一歩のために目を通してもらうものだったり。

ただ、それをつくるとなると、「どうやってつくればいいのか」悩んでしまうと思います。
先日、わたしも手引書の制作で悩んでおられる、とある協議会様のお手伝いをしましたので、こちらに記しておきたいと思います。

1.何を伝えるのが目的の冊子か明確に文章にする
何度も打ち合わせを重ねると、当初の目的は忘れがちです。
この冊子、手引書で伝えたいことや、最終の目的などは明確に文章として残しておきます。
プリントして共有し、それを毎回打ち合わせの最初に見直して、何が目的だったか忘れないようにします。

2.スケジュールを考える
◯いつ必要になるか(配りたい日、この日にあったほうがいいよね、という日を決める)
◯そのためにはいつごろ印刷に出さねばならないか→業者に確認

まずお尻を決めます。
それに向かって、では今どうしたらいいかと考えていくとすごくスムーズに計画が立てられます。
業者さんによっては印刷にかなり時間がかかるところもあるので、問い合わせて逆算します。

3.目次をつくる
何を載せるべきか、目次を組み立てながら内容を決めていきます。
目次は他の団体がつくっている冊子等を参考にするといいです。

4.「はじめに」のページの原稿をつくる
どんな冊子でも前置きのページがあります。
この冊子は誰に何をわかってもらいたいからつくったのか、という部分をまとめたページです。
これも項目1と同じですが、何のためにこの冊子をつくるかブレをなくすために、このページからつくっていきます。

5.目次に沿って、執筆担当者と締切を決める
誰がどのページを書くか決めていきますが、締切もしっかり決めます。
だいたい印刷に出す日から逆算して、2〜3ヶ月くらい前に、まず1回目の締切を設定しておいたほうがいいです。
そして執筆担当者に依頼する前に、6と7の項目を決めましょう。

6.各ページの見出しや項目、ボリュームなどある程度テンプレートを決める
それぞれがバラバラに書き出すと、あとで取りまとめるのが大変です。
タイトルを書いて、章の中のINDEXを書いて、最後にまとめを書く、くらいでいいのですが、ある程度のテンプレートをつくって、そのベースファイルを執筆者にわたすと形式がバラバラせず、最後が楽になります。

7.言葉の表記ルールを決める
福祉分野であったら、例えば「利用者」とするのか「ご本人」とするのか「利用者さん」「ご利用者」「ご利用者様」などさまざまな言い方があると思います。執筆者が多いと、これがバラバラに。

最初に本人は「ご利用者」、その家族は「ご家族」と表記する、などのルールを決めます。
医療関係でも、病気の名前をどう書くか決めておくといいですね。

そのほかにも「時」「事」などがありますが、例えば「そのとき」なのか「その時」なのか、「あったこと」なのか「あった事」なのか、どこまでひらがなか漢字か決めておくと最後が楽です。

8.執筆者に締切と表記ルールを伝え、テンプレを渡して執筆スタート
締切を守ってもらうためには、あまり先に締切を設定しないことです。
1ヶ月先だと「まだまだある」と思われてしまうので、それ以内がベストです。分量に寄りますが3週間位でしょうか…。

9.回収したら校正(朱入れ)
ここから”編集”作業です。
原稿を取りまとめる人が、内容に問題がないか(事実と違っていないか?読んだ誰かが傷つくようなことはないか?)、誤字脱字がないか、表記ルールに沿っているか、もっと読みやすい書き方はないかなど考えて確認し、ファイルに朱(修正)を入れていきます。

◯表記に迷ったら
漢字がいいのか、ひらがながいいのか…。
迷ったら、新聞記者なら全員が使っている標準の表記ルールが載った本があります。


記者ハンドブック

これには、名詞や副詞やさまざまな言葉の原則ルールが書かれています。

■段々と→だんだんと
■又→また
■松葉杖→松葉づえ

など、一般に人が読みやすくわかりやすいように表記をするにはどう書くのがいいかという指針を出してくれています。
テレビや雑誌、新聞などの業界ではこちらのルールに原則的に則っています。
悩んだら、1冊買っておきましょう。
こちらに合わせておくと「記者ハンドブックに合わせて直しました」と執筆者に修正理由を言いやすいというメリットもあります。

この校正作業はプロに頼むのもいいかと思います。こういったことに対応するライターさんがいます。
(→手前味噌ですが、弊社Cropでもこのような校正作業はジャンル問わず、お手伝いをしています)

***

原稿が修正できたら、原稿と挿入するイラストや図をまとめたものを、印刷業者に投げます。
デザインが必要であれば業者や制作会社と相談します。

印刷、デザインが入る前に、文章を直すこと、プロのライターを入れるならこの段階で入れると早くてスムーズです。

これまでに何度もデザインが出来上がった後に校正を頼まれましたが、そうなるとデザイナーさん(印刷会社さん)がまた修正を反映させるという作業が発生して、非常に時間がかかりますし、全員が面倒で大変です。
場合によってはデザインやり直しということもあって費用と時間がかさみます。

なかなか冊子や手引書はつくることがないかもしれませんが、手順を守ればそれほど難しくありません。
文章がまとまった冊子がひとつあれば、それを読む人の知識の源となり、役立つものになります。

ぜひ皆さんに作ってほしいのです。冊子って素晴らしいです。
段取りを間違うと非常に面倒な作業が増えるので、このようなことを書いてみました。参考になれば幸いです。

印刷だけなら、PDFでも入稿できるプリントパックなどネット印刷もありますから安く制作できます。
→それぞれのページを必要枚数印刷して、ホッチキスで止めれば冊子になりますよ!
→表紙だけツルッとした紙(コート紙)の厚めで印刷すれば、それっぽく!

2019-08-28 | Posted in 社長ブログComments Closed 

 

印刷は入稿が難しい…名刺印刷ならオンラインで完結するものを

名刺の印刷は年々安くなっていて、100枚あたり500円以下で印刷できるプリントサービスも増えています。

ただ、プリントパックのように自分でつくったデータを入稿しないと印刷できないプリントサービスもあります。

入稿段階で引っかかってしまって、「やっぱり難しかったのでデザイン+印刷してくれませんか」とオーダーを受けることもあるのですが、デザイナーに依頼するのはちょっともったいない気もします。

デザインや紙に凝りたい、提案してほしいということであればいいのですが、シンプルなデザインでもデザイン料が5000円〜2万円程度かかってしまいます。

いくら印刷費が安くても、なかなか高い買い物になってしまいますね。

オンラインで使えるデザインツールを使おう

ネットプリントサービスのウェブサイト内にある”デザインメーカー”的なツールを使うのがベストです。
必要事項を入力するだけで名刺のデザインができます。出来上がったら、そのまま印刷注文ができます。専用のソフトが必要なく、ブラウザ上で作っていけます。

名刺印刷のためにプリンターや紙を買うのも大変です。
ずいぶんオンライン印刷が安くなりましたので、こういったサービス、オススメです。

オススメプリントサービス

▽わたしがネットで最安値と思っているところはこちら
受付当日出荷!格安名刺印刷のマヒトデザイン

▽デザインテンプレートをたくさん見たい方はこちら
高品質なのに低価格の名刺作成100枚980円

2019-06-17 | Posted in 社長ブログComments Closed 

 

月刊誌の取材で南紀白浜空港へ

とある雑誌の原稿を書くために、田辺や白浜の取材をしていました。
特にメディアから注目されていて連続して取材に行ったのが南紀白浜空港です。

南紀白浜空港は2019年4月1日に民営化。
年間3億円の赤字を抱えていても民営化が決まったわけです。これからどのように展開していくのかすごく私も楽しみでした。

南紀白浜空港には、2019年現在、JALの羽田-南紀白浜便しか飛んでいません。
貸し切りの飛行機が来ることもありますが、基本的にはこの定期便のみ。しかも南紀白浜空港に到着してからの空港バスも行き先が少なく、なかなか使いづらい空港でした。大阪南部にある関西国際空港のほうが便利という状態…。

けれど、今の空港運営会社はこの状況を打破できると考えたから、民営化に名乗りを上げたのですよね。
南紀白浜エアポートの岡田社長にはすごくたくさんの構想があるようです。

まずは紀南エリアの交通の便をよくして、旅行しやすい地域にすること。
そこから始めて、いろいろな企業や行政と連携して、新しい施策を打っていくということです。

岡田社長の思いや、南紀白浜空港の動向は、多くのメディアで発信されています。
ぜひみなさん読んでみてください。地方の赤字空港が、どうやって回復していくか、楽しみです。

▽わたしの取材した記事の1つがこちらです
https://wakayama.keizai.biz/headline/1360/
南紀白浜空港、JR西日本、明光バスが連携協定 観光客の利便性向上目指す

2019-05-27 | Posted in 社長ブログComments Closed 

 

【東京レポート】2019ブロガーズフェステイバル

2019年3月24日に東京・大崎で開催された、ブロガーズフェスティバルに行ってきました。
(タイトルを出張レポートから、東京レポートに変えました)

ブロガーズフェスティバルとは、「各地からブロガーが集うブロガーのための祭典」です。
登壇者の皆さまによる、熱心なセッションをきくことができました。

ブログって何だろう、そんなことを改めて考えた1日でした。

◯継続すること
◯文章、写真で表現すること
◯切り口は”個”であること

セッションを聞かせていただいて、ブログってこの3つなのかなと思いました。

切り口(テーマ、書き方)は人ぞれぞれ。
ある程度こうしたほうがいいという指針はあるようで、ないような。

ただ、続けていなければブログとはいえないし、もちろんまずは文章がなければいけない、写真はなくてもいいけれどないとコラム・エッセイのように見えるからやっぱりブログには要るのかも、そして書き手の顔が何となく見えることでブログっぽくなるなぁ、と。

ブロガーズフェスティバル2019のセッション

メディアに近づくと、情報の正しさが必要になるのかも。
その線引はあいまいであるけれど、運営者の中にしっかりとあることが大切なんだろう。

徳力さんもnoteでこうおっしゃっています。
https://note.mu/tokuriki/n/nbbd8807be222?magazine_key=maf0c510b2431

思ったことをそのまま書けばいいのだなと。
それがアーティスティックであってもいいし、地域のためでもいいし、生活ノウハウであってもいいし。

今回のブロガーズフェスティバル2019に参加して、「こうあらねばならない」という意識がだいぶ薄らいだ気がします。
そういうふうに素直にセッションを聞いてこれたのは、いちばん最初の@jMatsuzakiさんのおかげかも!

jMatsuzaki

また、マイコさんの災害×ブログのお話も体験談として素晴らしいと思いました。
これこそ”個”の行動力ですね。

ブロガーズフェスティバルセッション

私が地域ブログというカテゴリの先駆者だと思っているAsukaさんと、そのAsukaさんの体験談をうまく引き出しつつ、ご自身の経験を交えて話をまとめてくださった中川マナブさんからも、地域から情報を発信するときに大切な姿勢を学べました。

ブロガーズフェスティバルの地域ブログセッション

そして編集者ならではの記事を俯瞰して分析したお話がありがたかった、Rettyの山田さん
多くの人がそれぞれに書き上げた原稿を膨大にみているからこその視点。「タイトルが流通する」のはほんとにそうですよね!

Retty山田さんのセッション

このほかにもいろいろなセッションがありましたので、気になった方は他の参加者さんのレポートへ。
http://festival.blog.jp/archives/79381473.html

楽しく勉強できました。
これをうまく自分の中に落とし込んで、より一層和歌山からの情報発信をがんばっていきたいです。

2019-03-28 | Posted in 社長ブログComments Closed 

 

和歌山県内の公式な観光情報サイトまとめ

和歌山県の観光情報についてですが、ネット検索して何となく見つけた観光情報を読むよりは、行政がきちんとつくっているWEBサイトから情報収集するほうがいいのではないかと地元民として思うときもあります。

なぜかというと必ず地元民(行政に勤めている人たち)の情報チェックが鬼のように入っているから、情報に信頼性があります。
また、PDFでダウンロードできるマップがあったり、スタンプラリーやキャンペーンなどの情報があったりして便利です。

近年、そのような行政発信のプロモーションサイトが和歌山県内でとても多くなっており、また、さらに増える傾向にあります。ですので、そのような行政が関わって作っている観光情報サイトのリンク集をつくりました。観光の前の情報収集に使っていただければうれしいです。

※この情報は2019年2月に更新しました
※※基本的には、各市町村のホームページからリンクされている観光情報サイトをピックアップしました。

紀北・高野山

https://koya36.com/
↑高野山からちょっと足を伸ばせば行ける、山麓エリアの情報サイト。このあたりは世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」であり、歴史的な背景のある見どころがたくさんあります。

http://www.city.hashimoto.lg.jp/hashimototaikan/
↑和歌山県の”はしっこ”に位置する橋本市。「橋本体感」というコンテンツが橋本市のWEBサイト内にあります。大阪から近く、自然豊か。ハイキングなどに行くなら橋本市がオススメです!

トップページ


↑荒川の桃で有名な、フルーツ王国・紀の川市。果物を買うなら最高ですね。力寿司さんの「フルーツ寿司」が絶品です。

和歌山市

http://www.wakayamakanko.com/
↑イベント、キャンペーン、企画が目白押しの和歌山市。観光名所だけでなく、そのような期間限定のものを楽しむ旅行者も多いです。

海南・有田

http://kiminokanko.com/
↑秘境グルメといえば紀美野町。山の上のパン屋、レストラン、ピザ屋など、東京でも引けを取らない味が「こんなところで!?」食べられる”隠れグルメ”もしっかり紹介されています。

https://www.city.arida.lg.jp/kanko/index.html
↑みかんや太刀魚の里、有田市。有田市のWEBサイトは写真がキレイです。

http://www.yuasa-kankokyokai.com/
↑醤油発祥の地、湯浅町。湯浅駅前からすぐの場所に重要伝統的建造物群保存地区があり、街歩きが楽しめます。

http://ag-w.org/
↑有田川町清水エリア。ここは独特の文化が生きる場所です。和歌山では珍しい、紙すきの技術が伝わったエリアで、今も紙すき体験ができます。紀美野町をポップな(行きやすい、オシャレなお店も多い)秘境とすると、こちらは本気の秘境です。県民でもあまり行ったことがない場所ですが本当に緑が深くて素敵です。

紀中

http://www.americamura.wakayama.jp/
↑美浜町の日の岬、アメリカ村に特化したサイトです。近年、若い人たちが入ってゲストハウスやレストランを作っています。

http://www.town.wakayama-inami.lg.jp/ebook/eetokoinami/
↑和歌山県のほぼ中央・沿岸部にある印南町。サイトではないですが写真で印南を紹介するコンテンツがあります。

https://www.minabe-kanko.jp/
↑みなべ町の観光協会のサイトです。みなべ町の観光情報や、体験プログラムの詳細、そして名産であるうめ(梅)に関する情報が一挙に手に入ります。写真も素敵です。

http://hidakagawa-kanko.jp/
↑日高川町の観光協会のサイトです。まつりや町内の温泉、四季の見どころなど、詳細な情報があります。すごく魅力的にそれぞれが紹介されていて、行きたくなります。

田辺・白浜・熊野

http://www.tanabe-kanko.jp/
↑田辺市の観光協会のサイトです。田辺市の観光情報をまんべんなく紹介されているのですが、田辺市は広くて様々な文化圏が混じっているので、どこがいちばんの見所かは分かりづらいかもしれません。

http://www.nanki-shirahama.com/index.php
↑白浜・アドベンチャーワールドメインなら、まずはこちらをチェック。

http://www.tb-kumano.jp/
↑こちらは熊野エリアの専門サイトです。世界遺産・熊野古道について、ギュッとまとめて紹介されています。歴史からウォーキングコース、ホテルの予約までまとめてチェックできます。

http://www.wakayama-nanki.jp/
↑熊野よりもう少しエリアを広げた、南紀エリアについての観光情報サイトです。熊野古道散策から、白浜アドベンチャーワールド、龍神温泉まで1泊2日で南紀を周遊したいときなどにちょうどよい情報量です。

串本・新宮

https://kankou-kushimoto.jp/
↑本州最南端の土地、串本。奇岩・橋杭岩や、トルコとの交流で有名なところです。写真がとても綺麗です。ライトアップ情報も。

那智勝浦町観光協会


↑まぐろのまち、那智勝浦町の観光情報サイトです。「生まぐろマップ」なるものがあります。PDFでダウンロードして印刷できるのですが、このような「生まぐろ」情報が集まっているところは他にあまりないので、とても情報源として優秀です。

https://www.vill.kitayama.wakayama.jp/kanko/
↑日本で唯一の飛び地の村、北山村の観光情報が詰まっています。とてもアクセスが不便…だったのは昔の話で、いまは綺麗な道路が通っているので、那智勝浦や串本、白浜からも気軽に遊びに行けます。

企画もの

https://www.wakayama-kanko.or.jp/marutabi/cycling/
↑和歌山でサイクリングを楽しむ人にターゲットを絞ってつくられています。ルートやレンタサイクル情報などが見られます。

http://wakayama-rekishi100.jp/
↑歴史的な側面から、和歌山について綴られた情報サイトです。観光というと自然を中心に語られる和歌山県ですが、神聖な場所が多いこともあり、神にまつわるお話しや、文化がたくさんあります。そのような地元民でもあまり知らないストーリーを読むことができます。読んでから出かけると、違う景色が見られるかもしれません。

和歌山県全体

http://www.wakayama-kanko.or.jp/
↑和歌山県の旅情報をまるっと紹介しています。それぞれのスポットの距離感などが分かりづらく、ここだけで旅行の計画を立てるのは難しいかもしれませんが、和歌山県には何があるのかな?と見ていただくには最適です。

http://www.wakayama-kanko.or.jp/toiletmap/index.html
↑県内のトイレマップです。けっこうドライブなどで役立つかもしれません。

==
行政主導の観光情報サイトは、これからも増えていくのは間違いありません。
地方創生が叫ばれる中で、多くの市町村は観光のお客様に来ていただきたいと思っています。
現地に足を運んだことがないライターが書いた記事とは比べ物にならない情報量と、信頼度ですので、ぜひ和歌山に観光に来られる際はご参考になさってください。

2019-02-15 | Posted in 社長ブログComments Closed 

 

広報って何だろう?

ここでは、そもそも広報とはどういうことなのか、その歴史とともにまとめておきたいと思います。

広報とは

広報とは、英語でpublic relations(パブリック・リレーションズ)。
もともとはアメリカで生まれた概念で、意味合いとしては「世間の皆さまに、商品・サービス・イベント等について周知させ、よりよいイメージを構築する。そしてコミュニケーションを取り、関係を発展させていく=ファンになってもらう」となります。

経営目線でみると、”世間の皆さまに知ってもらい、ファンになってもらうための投資”です。
投資のため長期的な見守りが必要で、すぐには答えが出ませんが、、。

長くお付き合いしてくださる優良な皆さんを新規に獲得していくための活動といえます。

また、社内広報という言葉があるように、体外的な売上げアップや集客のためだけでなく、社員を会社のファンにする・トップの考えを浸透させるなどの役割も果たします。

社内広報も通常の業務に追加してとなると大変ですが、少しずつでもやっていくと、困ったときに社員が会社を助けてくれるような体制ができていきます。

日本での広報の歴史

アメリカで生まれた広報という概念が、日本に持ち込まれたのは戦後です。
民間情報教育局(GHQ幕僚部の部局の一つ)が、行政に対して広報部門の設置を推進しました。戦後の国民の意識を形成するために設置された部署だったそうです。日本国民の目に入る情報をコントロールして、国民が持つ意識を大幅に変えさせるために広報の考え方が使われたといわれています。

企業広報が発達してきたのは1950年頃です。
「民間団体(企業)は、行政に自分たちの事情や、やっていることをわかっておいてもらう必要がある」ということで、企業→行政の形で広報の考え方を使っていこうと提唱されました。

企業が商品を販売したりファンづくりのために広報を使いだしたのは、さらにその後。1950年台後半といわれています。

全国広報研究会の常任理事であり、広報関係の著作もある樋上亮一氏は、
「理解こそ民主政治が成功し、永久に栄えていくための基本であり、それには言葉や行動などのあらゆる表現を用いて絶えず説明し、理解を深めなければならない。そのために有力な活動分野は広報であり、必要性がある」
と唱えました。

理解してくれるヒトを増やすには、広報の考え方を使うことが有力であり、発展のためにはしなければならないことでもあるとおっしゃられています。

そのため、今現在も行政には広報を担当する課があり、企業などの組織にも広報を担う部署があるんですね。

広報のゴールは

広報の目標設定や、施策実施後の振り返りというと、どれだけメディアに露出できたかということや、SNSでいくつのフォローを獲得できたかといった直接的な数字で判断してしまいがちです。

しかし、最終の目的はユーザーとの相互理解です。
“反響”や”コミュニケーションの数”をベースに、広報戦略が正しかったかどうか評価する必要があるでしょう。

つまり、実際に意思疎通を深められる施策ができていたのか?と振り返るのが大切です。
もちろん数字を追わなければ効果測定できませんので、数を評価するとすると、以下のような部分になるでしょう。

■フォロー数ではなくRTにコメントが付いた数で評価する(議論に発展したということ)
■無作為アンケートで認知度数をはかる
■露出アップ後、新規顧客がどれだけ増えたか

など、施策一つひとつの結果ではなくて、そのあとの反応が増えているかどうかを評価軸とするとよいのではないでしょうか。

参考図書

広報コミュニケーション基礎

参考資料
日本における企業広報の歴史的展開と新しい広報システムの構築
行政広報戦後史 小山栄三と日本広報協会

2019-01-14 | Posted in 社長ブログComments Closed