00_ノウハウ共有

Microsoft TeamsをMacで導入しました

導入時にエラー「AADSTS50020」が出るトラブルがありましたが、Macでもきちんと動いています。
これから業務に活用していきます。導入手順をメモします。

Microsoftのアカウントを持っているか調べる

teamsはマイクロソフトのサービスなので、利用しているMicrosoftアカウントがあれば、そのアカウントで始めます。
同じアカウントにしたほうが便利そうなので、私も以前から使っているアカウントを使いました。

Microsoft Teams – グループ チャット ソフトウェア – Microsoft Office

デスクトップアプリでエラー発生

「AADSTS50020」が出てしまい、ログインできなくなりました。

・キャッシュクリア

解決しました!

教えていただいてそのとおりできました。
デスクトップアプリより、ブラウザ版のほうがエラーは全体的に少ないようです。
もしデスクトップアプリがうまく動かない場合は、ブラウザ版でとりあえず始めることをteams導入サポートの会社でも推奨していますので、「まずブラウザ版」で始めるのがいいのだろうなと思いました。

通常の使い勝手は通知などの面でデスクトップアプリのほうが良さそうです。

PDFなどオンラインで開けるし便利

チームのページができるので、PDFの共有したり、連絡共有したり、便利です。
ファイルの保管やカレンダー共有場所として使っています。

チャットワークやslackなどもありますので、コレ!とこだわらず、チームに入るメンバーがいちばん多く使っているサービスを選ぶのがベストだと思います。うまく情報共有するとファイルの保管やカレンダー共有が楽ですね。

あと、チームが立ち上がったときに、きちんと体制づくりをしてルールをつくるとすごく快適です。

ABOUT ME
Crop万谷
Crop万谷
株式会社Cropの代表取締役、万谷絵美です。社内ではライター、ディレクター、プランナーを兼務しています。和歌山市出身、関西学院大学総合政策学部卒。