最近のCrop

#ライター交流会 @和歌山に参加しました

6月9日、和歌山市で #ライター交流会 が開催されました。
通常は東京・五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」で月1回開かれているイベントなのですが、今年から全国を回っているということです。

#ライター交流会@和歌山

先日、私(万谷)も #ライター交流会 に登壇させていただく機会がありました。
http://crop.wakayama.jp/2017/02/25/writer/

それが2月のことで、まだ4ヶ月しか経っていない6月に、和歌山で#ライター交流会が開催されるというのはほんとに嬉しかったです。

交流会当日は、#ライター交流会を主催するノオト・代表の宮脇淳さんと、ジモコロやBAMPなどウェブメディアの編集長・徳谷柿次郎さんがトークセッションを行ってくれました。

#ライター交流会@和歌山

参加者は40人近くになり、会場は熱気がすごかったです。
福岡や千葉からの参加者もいらっしゃいましたが、ほとんどが和歌山に住んでいるライターさん、メディア関係者さん、学生さんなどの皆さんでした。

#ライター交流会@和歌山

宮脇さんと徳谷さんのセッションは、いかに地方のネタを全国へ向けて情報発信していくかという話で、実際に手や足を動かして日々実践されている方々だからこそのお話しを聞かせていただきました。

私のTwitterに内容をまとめています。なかなか聞けないお話しだったので、ぜひ。

https://twitter.com/orangesky1978

#ライター交流会@和歌山

2017-06-10 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

文章とデザイン、プランニングでご相談者さまの悩みを解決しています

こんにちは。Cropの万谷です。

リカーショップゴワさま主催のイベントに出店する日が明日に迫り、CropをPRするチラシを作っていました。

PR会社をPRするチラシ

PR会社というと、東京でのやり方はメディア関係者とやりとりをして、テレビや雑誌に自社製品を載せたり演出(ブランディング)したりする方法が中心です。

しかしCropは和歌山の会社です。地方発のPRにチャレンジしている会社です。
親密なおつきあいができたとしても地元・和歌山のメディアが中心です。東京のPR会社のように芸能人やテレビ番組を使った大々的な情報の出し方はできません。

ではどうしているのかというと…。

◯現在の悩みをしっかり聞いて、分解し、原因を探る(ヒアリング)
◯集客や情報を広めたいターゲット層を理論的に分析する(マーケティング)
◯現実的な目標を設定し、目標達成までの筋道を立てる(プランニング)
◯達成のために最適なツールを決めて、キャッチコピーや写真、デザインなど部品制作を行い、実行する(デザイン&ディレクション)

魔法のように人を呼び寄せられるわけはないし、大きなメディアに載せるコネもありません。
けれど、悩みを分解して組み立て、目標を決めてそれに進むという工程をしっかりと行えば、成果を上げられます。

プロとしてさまざまな情報を日頃から集めておき、相談してくださっている方の悩みを解決できる提案をする、そして最後まで手抜きなく実行することが仕事です。それで広報・PRも成果は上がります。

派手ではないですし、一発パーンと!というようなやり方ではないですが、逆に言えば安定したサービスをお届けできると考えています。

2017-05-22 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

リカーショップ ゴワ様主催「酒類食品提案・試飲会」に出店いたします

こんにちは、Cropの万谷です。

さて、Cropとして初となるブース出店が決まりましたので、お知らせいたします。

2017年5月23日、和歌山商工会議所で開かれるイベントに出店いたします。
料飲店を対象にした”提案・試飲会”です。リカーショップ ゴワ様主催です。

ブース出店

わたしたちは飲食店の集客のための提案、販促ツール制作事業者として出させていただきます。
もし当日いらっしゃる方がこの記事をお読みでしたら、会場でご挨拶できれば幸いです。よろしくお願いします。

飲食店様向けには、
◯SNSやウェブページを活用した集客方法の提案
◯販促ツール(ロゴ、ショップカード、メニュー表など)の制作
◯メディアリレーション(プレスリリース配信をベースにメディアでの記事化を目指す)
などのご提案、お手伝いをさせていただいております。

2017-05-17 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

橋本市役所へ情報発信プランの提案に行きました

こんにちは。Cropの万谷です。

先日は橋本市役所さんへお邪魔しました。
橋本市といえば「オムレツ」だと思うのですが、皆さまご存知ですか?

橋本市

なぜ橋本市がオムレツの街?
橋本市には、鶏卵、巨峰、富有柿、はたごんぼ、恋野マッシュルームなど美味しい地域産品がたくさんあります。

橋本市役所のウェブサイトに書かれているように、鶏卵が産品なのですよね。
そこから「オムレツの街」としてのPRが始まっています。

こちらはぐるなびさんとの業務提携で進んでいるプロジェクトで、弊社とは別の話なのですが、一和歌山県民として橋本市の食べ物(特に鶏卵)がとても大好きなので紹介させていただきました。

▽オムレツマップもこちらに
橋本体感/橋本市ホームページ

今回はとある課の方からのご相談で、どうやって橋本市の魅力を発信するかというプランを弊社も練らせていただいています。

おもしろそうな企画はいくらでもできる。でもそれで結果はどうなる?

さて、先日のブログにも書いた通り(参照:企画もデザインも、最終着地点を設定をしてから逆算で考えたい)、どんな企画でもデザインでもできるんです。

だけどそれによってゴール設定したところに届くのか、落ち着くのか?
というところをツメていく必要があり、わたしたちはそれが仕事だと思っています。

この予算はどこから出ていて、どういう成果を出すためにするのか。
それを決めて、そこへ向かうことが大切です。

思いつきのアイデアはいくらでも出せます。壮大なもの、おもしろそうなもの、他の自治体での成功した例など、情報はたくさんありますから、自分たちの中にある経験と見聞きした事例をかけ合わせれば、企画はすぐできると思います。

でも思いつきだと、気持ちが乗るほう、自分たちの都合のいいほう、楽なほうへ流れていきます。
それで、結局のところ企画の最終詰める段階もしくは振り返る段階で「最初の志は達成できたのか?やっている最中はおもしろかったけれど、どうなんだい?」となります。

「おもしろければいい」がゴールであれば、楽しい、おもしろいものができればOKですが、コストを誰かが負担して行うものに「おもしろければいい」だけで済むものってあるのでしょうか。ほとんどないと思います。

成果を達成しなければ意味がないとは思いませんが(結果論なのでそれは最初からはわからないです)、ゴール設定したことを忘れずに最初から最後までやっていきたいと思っています。ズレていないか?大丈夫か?それを問うていくことも仕事のうちだと思っています。

2017-05-15 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

企画もデザインも、最終着地点を設定をしてから逆算で考えたい

こんにちは。
Cropの万谷です。

少し気になることがあったので、ここに書き留めておきたいと思います。
企画やデザインの提案についての話です。

IMG_9210

「どういうデザインのものを作れますか」
「エリアMAPをつくるのですが、どういう提案をしてもらえますか」

どういうものが作れますか?とわたしたちの実績について聞いてくださることが増えています。
興味を持っていただいて、本当にうれしいです。

ただ、わたしたちはクライアント様の希望と状況に合わせた集客用の企画を作ったり、それに使うために最適化されたツールを制作したり広告手段を選定したりするのが仕事です。

問い合わせをいただくと今まで作ったものや過去のクライアント様からいただいたお客様の声的なものをご提出するのですが、そもそもクライアント様の状況や使えるお金が全く同じことはありません。

クライアント様の希望に最適化したものをつくるのが仕事なので、その希望(企画の目的や予算、なぜやらないといけないのか)が固まっていないと提案のやり直しが何度も起こってしまします。

◯その企画はどうなれば成功なのか
◯そのためにどれくらいお金を使えるのか
◯決定権のある人がそれを理解しているか

最終ゴールと予算が決まってから、集客企画と制作物の最適化ができます。
わたしたちはアーティストではないので、その両輪に合わせた最適な答えを出すのが仕事だと思っています。

1万円しか使えないのであれば、1万円の範囲で考えます。

確かに「この企画で200人の集客を」といって絶対に集められるとお約束はできません。
けれど、集めなければいけないのであれば、集められるような形に企画を合わせていきます。

デザインや企画、集客プランなどは目に見えるものではありませんが、思いつきでやっているわけでもありません。
目標と予算に合わせられるよう分析をして、いろいろな下調べをしてから説明できる形で提案をしていきます。

デザインはデザイナーを変えればデザインパターンは変えられます。
予算があれば壮大なこともできます。最終の目標達成がクライアント様の楽しみなのであれば、みんなが楽しく満足できる企画もできます。

でも実際は、最終的にそのお金でどれだけのことを生み出せたのか、振り返る日がやってきます。
そのときに「この状況で、この結果のためには最適なものができたね」と言ってもらえるようにしたいです。

そのため、どうしてもざっくりとですが企画のゴール設定や評価となるべき箇所、予算などを打ち合わせの段階でお聞きしますが、ご理解いただければ幸いです。。。

2017-05-11 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

WEB用コンテンツのご依頼、ご相談が増えています

こんにちは。Cropの万谷です。
和歌山はとても暑くなりました。もう夏が来ているようです。

IMG_9068

さて、今年の春になってから「WEB用」の原稿作成について相談をたくさんいただいております。
昨日のネットショップの集客支援、サイト運用をされている会社さまからご相談いただきました。

やはりWEBサイトを多くの人に見てもらうためには、どれだけデザインが良くても、文章がなければ壁に当たってしまう・・・と。

私もWEBサイトを作ったり更新したりしていますから、よくわかります。
たぶん必要になった文章は、ほとんどの場合においてクライアントに原文を作ってもらったり資料をもらったりして、リライトなり校正なりをして原稿にしていくのだと思います。

ただ、なかなかクライアントから出てこない。
出てきたものをどう直していいか最適なのかわからない。

そういうことも多いと聞きます。
弊社でよければ、そのようなご相談にも乗らせていただいております。

なかなか「この記事を書いたらこれくらいアクセスが伸びる」とは言えませんが、例えば商品紹介ページであれば、開発者の方やショップで実際に販売している方にお話しを聞きに行って、それをベースに必要な形にまとめたり、読みやすさやSEOを意識したキャッチコピー/ページタイトルを考えたり。

イベントの広報支援ではSNSやウェブサイトの準備、運用も大切ですので、そのような連携も自分たちの業務として行っています。
制作チームの一員となってどんなコンテンツがあるほうがよいか提案したり、既存のページに修正をかけたりすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【実績】
求人用では社長さま、社員さまのインタビューをさせていただき、原稿にします。
もちろん「よい人材が応募してきてくれるように」ゴール設定をして書き、まとめた文章にします。

新卒採用 | 株式会社アスタサービス

【実績】
新規サービスのWEBサイト内のコンテンツを作っています。取材し、1施設1記事でつくっています。(ほかのライターさんが書いてくださったものもまじっています)

介護施設紹介|和歌山県庁前にオープン!終活のご相談はあしたの窓口へ

2017-04-28 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

和歌山でライター、編集者をお探しならご相談ください

先日、弊社代表万谷が東京・五反田に本社を置く編集プロダクション、ノオト様主催のライター交流会に登壇しました。


【ライター交流会】地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜 ※2/10(金)開催 | 東京・五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」

地方在住ライターとして、どのような考えを持っているのかなどを会場に集ったライターさんに向けてお話しさせていただきました。

ライター、編集者という職業は和歌山では数少ない存在ですが、弊社代表も含めてクオリティを保った仕事をできる人間がおります。
弊社ではライターとして書くだけでなく、編集、校正、ディレクションも行っています。

■実績(雑誌)
エールスポーツ和歌山vol.1

地域密着型スポーツ雑誌の企画、編集、ディレクション、取材アポ取りから執筆まで行いました。

■実績(ウェブコンテンツ)
あしたの窓口
介護施設紹介|和歌山県庁前にオープン!終活のご相談はあしたの窓口へ

ライターとして取材と撮影を行い、ウェブページ用の原稿を執筆しています。

■実績(パンフレット)
国際東洋医療学院
柔整師と鍼灸師の専門学校。国際東洋医療学院

ディレクター、ライターとして全体のページ構成を決定して、それに合わせて文章を執筆しました。
そのほかにも学校案内はいくつか手がけています。「今年どうする?」といった企画から参加させていただきます。

//////

このほか、企業ブログやアプリ内の原稿など執筆実績が多数あります。
お気軽にお問い合わせください。打ち合わせなどリモート(打ち合わせをネット経由で)で行いますので、クライアント様の所在地にかかわらずお受け出来ます。

どうぞよろしくお願いします。

2017-02-25 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

和歌山大学公開シンポジウム「わかやま未来学」に弊社代表が登壇

2017年1月19日に和歌山大学で開かれた公開シンポジウム「わかやま未来学〜大学と新聞と地域の未来〜」に弊社代表の万谷が登壇しました。

記者として活動する4人のメンバーで、新聞を作ることの楽しさと地域への貢献についてであったり、地域の人と交流することで得られるメリットだったりについて、学生の皆様を中心とした方々にお話しさせていただきました。

IMG_7628

和歌山経済新聞の記者として活動した経験を少しでも共有できたかな、、と思います。
またこのような地域に貢献できる機会があれば、弊社スタッフ一同、できるだけお受けしていきたいと思います。

2017-01-27 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

フィジカル遺伝子検査キットの取扱い開始のお知らせ

今年1月よりライフスタイルスポーツ協会が開発した「フィジカル遺伝子分析サービス」の販売サポート業務を開始致しました。

ss2017-01-26pna

フィジカル遺伝子分析サービスは、DNA分析によって自分の本当の体質を調べて、今後の運動や生活に活かしていくものです。

パーソナルデータがわかるため、何をどういう順番で食べると痩せやすいか、どんなトレーニングをしたら鍛えやすいかなど、一般論とは違うことがわかります。

無駄のないパフォーマンスアップのために、ぜひ使っていただきたいと思い、販売代理店として登録させていただきました。
和歌山の選手に使っていただいてよりよい成績を残していただいたり、生活習慣病予防やダイエットに利用していただいて明るく健康な生活を送っていただいたり。

効率的で、一般論に振り回されない未来につながればいいなと思います。

▽分析サービスにいて詳細はこちら
http://www.p-dna.com/

▽取扱販売店を募集しています。販売にご協力いただける皆様からのご連絡をお待ちしています(店舗数が多いと差別化になりませんので、問い合わせ先着順で決めさせていただいてます)
http://crop.wakayama.jp/contact/

2017-01-27 | Posted in 最近のCropNo Comments » 

 

Cropの制作メニューパンフレット(料金目安、実績)が完成しました

弊社(和歌山のPR会社Crop)の制作物に関するメニューパンフレットが完成しました。

Cropパンフレット

和歌山県内の企業様からはデザインを含む制作物のご依頼を多くいただいているので、金額の目安や制作フロー、実際に作れるものが何かなどをまとめて記載しています。

ご連絡いただければ郵送させていただきます。
以下にjpg版とPDF版がありますので、ダウンロードしていただいても!どうぞよろしくお願い致します。

▽jpg版
croppanf_web_1

croppanf_web_2

▽PDF版
http://crop.wakayama.jp/croppanf_web.pdf

2016-10-14 | Posted in 最近のCropNo Comments »